天井裏に入ったハナシ…

2019/10/03 ブログ
壁穴

こんにちは。

金沢屋 府中店の川上です。

本日は金沢屋 事業のちょっと特殊ケース。

プチリフォーム話です。

 

 

以前、写真のように壁にケーブルを通したいから、

「壁に穴開けてくれ。」

とご要望がありました。

 

ドリル持ってたモノですから実行したのですが、

反対側と対称に穴開けられずに、

違うところに出口が空いてしまいました。

 

それをパテで埋めて、

周りの壁紙と近いものを貼ったのが

下の写真。

修理後

当初はもちろん障子と襖の張替えでご依頼頂いたのですが、

壁穴のその補修も評価頂け、

器用だと思われた(思って頂いた ;^^)らしく、

なんと、

ワンポイント壁紙補修と天井割れ対策

を申し受けました。

 

 

お電話では第一声

「ハクビシンが出た!」

とのことだったので

???

だったのですが、

追いかけて天井裏に行き、

2箇所 足で 穴 & 割れを作ってしまったとの事。

天井穴
天井割れ

天井裏に登り、

穴は板で塞ぎました。

割れ目板の釘を抜き、バランスを整えようと企みましたが、

もう薄い板がひしゃげてるので、

どうにもならない状態。

 

「断れば良かった…。」

と頭をよぎる瞬間。

「ここで諦めるくらいなら、サラリーマン続けてたわっ!」

と自分を責める気持ちになり。

お客が満足する(諦める?)まで付き合いました。

 

 

お客の気持ちもわかり、

事情を聞けば、そんなにお金かける気にもならない

事も分かるのです。

補修だけででなんとかしたい気持ち=“川上に任せて“みよう”

がとても嬉しかったのです。

天井穴補修

大工さんにアドバイスもらったら、

 

「それは天井板が薄いのがそもそも悪く、

 木工工事しかないよ。壁紙とかカッティングシート貼るとか

板が反るから やっちゃダメだよ。」

がとても説得力あったのですが、

どこまで“補修”できるか自分で試してみたかったのです。

 

それに付き合ってくれるお客にも感謝ですよね。

天井裏1
天井裏2

うーん、いい経験でした。

 

 

もらったアドバイスから

「大工さんってすごいな。」とか、

お客の願いを“叶えようとする”事が

こんなにも得るものが多いと実感しました。

 

 

完璧には程遠いですが、

結果は以下な感じです。

天井穴補修
天井割れその後1
天井割れその後2