鳥の子の威力

2019/10/18 ブログ
鳥の子1

こんにちは。

金沢屋府中店 川上です。

 

本日は、まさに「鳥の子」その感動をお伝えできればと思います。

 

以前のブログにも書いたように、

襖紙の基準とも言える呼び方で、

現代では機械漉きでありながらも

手漉きの風合いを残しているとはどういうことか。

 

写真でお見せするのですが、

出来るだけ高解像度で画像を載せています。

(なので、ページのロードが少々遅いです。;(^^))

 

ずばり、観てください!!

鳥の子2
鳥の子3

「シンプルなものが好き」

と ご用命のお客様が選んだ逸品です。

 

シンプルなのにこの説得力。

渦を巻くかのようなこの質感には

張っている段階でワクワクしてきます。

 

はっきり言って、

この紙を張っている時は、逆に申し訳なるくらい、

お客様よりも先に感動しています。

 

もちろん納品するときも最高の反応です。 ウフフ d(^^)

 

写真ではなかなか伝えられないのがもどかしいですが、

この触った触感。

見た目の頼もしさ。

日本の伝統技術の確かさを 時間を超えて感じる瞬間です。

 

 

この空間でお客様がずっと過ごしていくのかと思うと…

 

 

 

 

 

あ、なんか嫉妬する。 v(^^)