網戸の網には種類がある。“網の目”について

2019/10/31 ブログ
網の目

こんにちは。

金沢屋府中店 張替え職人 川上です。

 

 

本日は網の目について。

網戸の張替え時には必ずお客様に説明する内容です。

 

 

網の目をかいくぐる

という言葉がありますが、

まさに虫が通過してしまう網が有ります。

それが 18メッシュ と呼ばれる網。

上記表を見ても1mm以上の隙間なので、

1mm以下の虫は通過してしまいます。

 

18メッシュや24メッシュというのは、

1インチ(2.54cm)に18 や 24個の

通気穴があるという事です。

 

18メッシュは 格安品として

府中店でも扱っていた過去はありますが、

小蠅が通過してしまう機能性から

評判が悪かったので、

現在では取り扱いをやめました。

 

一方 24メッシュはというと

機能性としては十分なので、

一番人気となっています。

 

 

 

その他、マジックミラーやペット対応 等は

機能性網戸と呼ばれ、

特段の必要性がある時以外は需要がありません。

 

また、24メッシュ以上の30メッシュや33メッシュは

例えば、隣に畑や砂利の駐車場があるなど、

砂を防止する目的で存在している為、

府中市近隣では これまた需要がありません。

 

金沢屋は全国展開している為、

より地方である場合には30メッシュ以上も

ご用命があると聞いています。

 

 

 

網戸の張替えをDIYでするお客様も

多くいらっしゃるようですが、

現在ではホームセンターでも18メッシュは少なくなり、

当店でも標準仕様として

24メッシュを提供するようになりました。

 

 

また、網の目の大きさを意識されていないお客様も

多くいらっしゃるようです。

金沢屋府中店では “普通”を求めるお客様にも

もっとも快適に過ごして頂けるように

という意図もあり、

最低でも24メッシュの網をご提供しています。

金沢屋メニュー

最後に、風通しについて。

目が細かくなるということは、

「風が通りにくくなるんじゃないの?」

と鋭い疑問を持たれるお客様がいらっしゃいます。

 

ところが網も良くできていて、

網線の細さ(線径)が違うのです。

開口率として、表に記載してあります。

網目が多い分、風の妨げが多いという点を除けば、

穴あき率(開口率)はほとんど変わらないことが

お分かりになると思います。

 

 

如何でしょう。

網もなかなかよくできていますよね。v(^^)