網戸:ペットディフェンスではない 猫対策

2020/04/30 ブログ
猫対策1

▪️網戸の猫対策の決定版、ペットディフェンス…ではない依頼を受けた金沢屋 府中店。アイデアをいくつかしたためる中、これしかないと決断したその内容とは…。


 

こんにちは。金沢屋 府中店 川上です。

本日は網戸のお話し。少々浮かれています。

 

というのも、珍しい依頼があったからです。

「ペット対応というのは網自体のことですか?」

???

最初は、何をおっしゃているのか という印象でした。

そりゃそうですよ、ペットディフェンスは爪で破けない事を売りにしていますから…逆に網以外とはどゆこと……?

と、川上が思ったのは違っていました。

 

 

 

猫殿が外に出たくて、網をひっぱり続け、ゴムが外れてしまう

という事でした。

伺ってみてやっとわかりました。

その割には 多少ダメージはあるものの網は破れていなくて、少々不思議でしたが、

爪で破られる心配はないとの判断で、

ペットディフェンスではなく通常の網で張り替えることにしました。

 

ただ、網を止めるゴムには強化ボンドで加工を施します。

施工前1
施工前2

↑施工前はこういった感じ。

施工後1
施工後2

施工後。わかりづらいですが、

留めゴム(ビート)を強化ボンドで固定している。

 

 

本当は金属強度のパテで固定する、が第一候補だったのですが、

やってみたら、パテ埋め感がやっぱり手作業の凸凹 & 太さが制御しずらく、

真っ直ぐいかなかったので、やめました。

プロの仕事としてお見せできない…

というよりは 多分 性格ですね。

気持ちよくないものは出したくないッ!  からでしょう…。

 

 

一方でこれから先また網交換する時を想定し、

留めゴムが外せることも確認してあります。

 

 

 

そうそう、冒頭どうして私が浮かれていたのかというと、

このテのレアケースご相談は

「なんとかしてやるぞォッ!ウラー」

と燃えるからです。府中が燃えています。

 

これも性格ですね…