そういえばアルミ障子

2020/08/07 ブログ
アルミ障子1

昨今 多く存在するアルミ障子。障子は木枠であるのが一般的通念。一般的すぎて、ご自宅の障子がアルミ素材の障子枠であることを認識していないことお客様も多い。分解する手間が必要な為、お客様自身で張り替えることは困難と言える。

子供の頃から分解好きの川上は何を思うのか…。


 

こんにちは。

金沢屋 府中店 川上です。

 

 

そういえば、最近よくあるアルミ障子について

ご説明しておきたいと思いました。

 

 

最近よくあると言っても、

マンションや新築戸建には、もうだいぶ前から取り付けられています。

アルミ枠に木目のラッピングがされていて、

見た目に違和感はありません。

 

私たちプロは見ただけでわかりますが、

お客様方にとっては、

枠をノックし、金属音がすれば アルミ障子と判別できます。

アルミ障子2

アルミ障子枠 は分解してから障子紙を張ります。

枠上下にあるネジをドリルドライバで外すと、

冒頭 の写真のように一つ一つバラせます。

 

 

後に、

紙が取り付けられる 中枠部分に

いつものように紙を張るわけです。

アルミ障子3

ここまでは順調なものですが、

肝心なのは、最後の最後。枠をはめる時。

 

 

スライドして差し込む縦枠が

紙に引っかかってしまわぬようコツと

細心の注意が必要です。

 

※ここで紙が破けると全て水の泡です。

 

 

 

障子はもともと

お客様自身が張るのが日本文化ですから、

アルミ障子もぜひ一度 挑戦して頂きたいと思っています。

 

一度やってみれば わかりますよ。

ご自身で施工して失敗した後、

「あ〜プロに任せれば良かった…。」

 

となることが。

 

 

フフフ、一度試してみてください…。