和紙 Mac

2021/03/16 ブログ
和紙Mac1

金沢屋府中店の最大ツール、Macbook Pro。店主 川上の相棒が新調を機にスキンを身にまとう。どうせならこだわりたい果てに、自分で作るとしたら…  やっぱ 和紙でした。


 

こんにちは。

金沢屋府中店 川上です。

本日は久しぶりの更新で、嬉しい限りです。

というのも 年末年始の多忙さは毎年のことだからです。

 

溜まったブログねた を放出するこの時期になると、

「春になったな〜」と実感します。

 

 

最近 かなり暖かくなりましたね。d(^^)

和紙Mac2

そんな川上が年始に気分転換でやった事は、

Macへ和紙の張り付けです。

 

Macbook Pro は私のあらゆる作業に活躍する相棒ですが、

バッテリー減衰に伴い 新調する事となりました。

 

せっかくだから、表面保護にとスキンをつけたかった訳ですが、

和調のモノは見つからず、せいぜい木目調があるぐらいです。

そうなると必然、

「襖紙を張ろう」

となるのでした。好奇心を抑え切れませんでした。

 

 

 

自身で接着をするとしたら、

アミノール(壁紙糊)かボンドを使うでしょうが、

それぞれ 酢酸ビニル(たぶん酸性)が含まれているので、

Macのアルミボディに影響があるんじゃないかとか 怖かったのですが、

ここは、

 

 

虎穴に入らずんば虎児を なんとか というやつです。

和紙Mac3

A3サイズで和紙をカット。

ど真ん中にAppleマークを印刷して、その部分をくり抜くようにカット。

アミノール塗りたくって Macボディに接着。

 

完了。

 

端がめくれてきたらボンドで強力に補修していくことも大事です。

和紙Mac4

1回目失敗しましたが、2回目で成功しました。

結構 綺麗に出来上がりましたね。

 

今回 襖紙の織物を使いましたが、

純然たる楮 天然素材の和紙で質感を出すのも良いと思っています。

強度を求めるなら壁紙もありですね。

 

 

今のものがボロボロになったら、

Version 2、3… と 張っていき、変わっていくのも楽しみです。

ガラステーブル和紙加工

ちなみに、

自宅のガラステーブルにも保護の為に紙を貼っています。↑

(使い込んで汚れてますが…)

 

気軽にいつでも貼り替えられるのですから、

職人の役得ですね。d(^0^)